捨てる前に

骨董品と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。一般的に壺や掛け軸などを思い描く人が多いでしょうが、そのようなジャンルは問いません。古いもの、希少価値が高いものが… More »

人それぞれの価値

骨董にはある人にとっては古くガラクタに見えるもの、価値のないものであったとしても、ある人にとっては魅力的なものであったり、どうしても手にしたい貴重なものであったり… More »

 

個人でより深く楽しむ

壷

古美術、骨董品を個人的に趣味としてより楽しむためにはより深い知識がある方が楽しめることには間違いありません。そしてその知識は本などで独学で学ぶこともできます。
しかし様々な情報が錯綜している現代では、中には噂レベルのこともあるため独学だと間違った知識を身につけてしまう恐れがあります。
特に言い伝えであったり、事実に尾ヒレがついて現代に伝わっていることもあるため独学の知識だけだと贋作を手にしてしまったり、相場以上の金額で買うことになったり、相場以下の金額での買取に応じてしまうこともあります。
そのようなことを防ぐためにもプロから正しい知識を学ぶといいでしょう。
その作品が生まれた時代背景や見どころのほかに、鑑賞する際の作法、専門用語、真贋の違い、資産価値などをしっかりと学ぶことでより奥深さがわかり、より楽しむことができるでしょう。…

プロとして楽しむ

鯉

「好きこそものの上手なれ」と言いますが、骨董を趣味に持つ人がより専門知識を得て副収入を得る、もしくは仕事とすることができれば、より充実した時間を過ごせることでしょう。
そういったプロを目指す人々のための古美術、骨董商育成講座を開設している専門学校もあります。
プロとして成功するために必要なことは専門知識だけではありません。骨董商として活躍するための古物営業許可証の取得方法、開業方法、資本金はいくらいるのか、そもそも骨董品はどこから仕入れ、どのように巡っていくのかの業者間の仕組み、販売方法など骨董に関わる以外の知識も多岐に渡って必要です。
業者同士の最新情報の交換や人脈も大変重要になってくるために、現在プロとして活躍している骨董商の人たちの紹介などはこれから骨董商を目指す人にとってとても重要なものになってきます。…

専門家による骨董ガイド

番傘

骨董品に興味があっても詳しいことがわからないという人も多くいるでしょう。
骨董品を買取してもらうのではなく、見て回りたい、もしくは欲しいものがある、という人のために専門家が案内する骨董市ガイドや博物館ガイドがあるのをご存知でしょうか。
専門家による解説を含めて一つ一つを眺めるのもまたプラスαの知識もつくため楽しいものとなるでしょう。…

様々な骨董品

和柄

では骨董品店で買取をされるものにはどのようなものがあるのでしょうか。…